ホーム > 任意売却物語 > 家の売却は通常の経済行為

家の売却は通常の経済行為

任意売却とは、売却によってもローンが完済できない状況で、債権者の同意を得て売却することを言うのが一般的です。

「家を売却せざるを得ない」という立場に追い込まれたからでしょうか。家を売却するということ自身に、妙に引け目を感じる方が少なからずいらっしゃいます。

家を売却するということが恥ずかしいことかそうでないのか、苦労を重ねて購入された方々の評価はわかりませんが、比較的高所得の階層では、いたって日常的に行われています。たとえば、子育ての間は、子どもの学校に合わせてマンション暮らし、卒業した後はそこを売却して親の実家に戻る・・・ということがよくあります。

むしろ「購入した家に一生住む」ということはむずかしいことです。築40年のマンションに、当初からの計画通りに未だお住まいになっている老夫婦もいらっしゃいますが、それはたまたまその時代に生まれて、そのような環境を手に入れることができた方のみが実現し得たことではないかと思います。これからの時代は、そのようなことはありえないと考えていいと思いますし、またそれが、特別不幸せなことでもないと思います。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 家の売却は通常の経済行為

ページの上部に戻る