ホーム > 任意売却物語 > 担保評価ができない保証会社が存在する

担保評価ができない保証会社が存在する

任意売却のご依頼をいただいたお客様から、保証会社からの代位弁済通知が届いたとの連絡があり、さっそく任意売却の意向を伝えるために電話をしました。

売出価格についての交渉の進め方をお尋ねしたところ、競売の申し立てをして、裁判所でその評価書が作成された後、その金額を参考に決めるとのこと。この回答には少々びっくりしました。

「自社での担保評価があり、それにもとづいて自社で判断するのであって、裁判所がなんと言おうとそんなことは関係ない」という金融機関が少なくない中で、自社では一切評価せず、裁判所の評価書が出てくるまでなにもしないとは・・・

そもそも、担保をとってお金を貸しているはずなのに、その担保価値が自分ではわからないということですから、金融機関が自らそのように言うのは、メンツが立たないことではないかと思うのですが、ご当人がそれを恥ずかしいことと思っていないのであれば、他人がとやかく言うことではないのかもしれません。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 担保評価ができない保証会社が存在する

ページの上部に戻る