ホーム > 任意売却物語 > 払えなくなってからの借り換えはできない

払えなくなってからの借り換えはできない

住宅ローンの返済に困ったら? 弊社は任意売却をお勧めしているわけですが、住宅ローンの借り換えについてのお問い合わせをいただくことがよくあります。

「ローンの借り換えで、返済額が減らせます」という宣伝を耳にすることが多いからでしょうが、それは高金利のローンを低金利のものに借り換えればそうなる、というごく当たり前のことを言っているに過ぎず、また、借り換えには新たな融資手数料や抵当権抹消・設定費用などの経費がかかりますから、少々金利が下がる程度ではまったくもとが取れません。

それでもなお「金利が下がらなくても、期間が伸ばせれば返済額が減らせるのでは?」とお考えになる方がいらっしゃいます。金利が下がらないのに借り換えをしたいというのは、まともな理由が見当たらず、説明すればするほど「ローンの返済が苦しくなっているからです」と告白するようなものです。そのような申し出に応じる金融機関はありません。

全体の状況を見れば、もはや売却するしかないと思われる方でも、ローンの借り換えに可能性を見出そうとする試みを伺っていると、いつも切ないものを感じます。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 払えなくなってからの借り換えはできない

ページの上部に戻る