ホーム > 任意売却 Q&A > 無剰余取消を回避する方法

無剰余取消を回避する方法

「住宅ローンの返済は問題なく行っているが、経営する会社が損害賠償責任を負ったため、自宅を強制競売にかけられた」という方からご相談がありました。

その物件には、住宅ローンの抵当権が設定されているため、不動産評価の結果、差押債権者に対して無剰余取消の通知が行われたのですが、無剰余取消を回避する方法を検討するために、競売手続きの取消を延期する上申書の提出が行われたそうです。そして、これからどうなるのか? というお尋ねでした。

差押債権者が無剰余取消を回避するためには、保証提供を行うことが必要です。優先債権と手続き費用を超えるだけの買受価格を自らが決めて、それと同額の保証金を積みます。そして、入札の結果、それを上回る買受人が現れなかった場合は、自らがその物件を引き取らなければなりません。

なお、そのご相談者の方には、ここでの説明通りではない間違った回答をしてしまいました。匿名でのご質問だったため、訂正のお知らせができず、この場で訂正させていただきます。お読みいただければ幸いです。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 無剰余取消を回避する方法

ページの上部に戻る