ホーム > 任意売却 Q&A > 「もう少し考える」は、もうしばらく考えないということ

「もう少し考える」は、もうしばらく考えないということ

任意売却を検討する場合、まず住宅ローンの返済をストップすることが先決です。住宅ローンには、通常6ヶ月の猶予がありますから、その間に任意売却を行うか行わないかをよく考え、やはり任意売却は行わないことにした場合は、滞納分を清算することで元通りです。

やはり任意売却を実行するということになれば、その間にプールしておいた資金は手元に置いておくことができます。ひとたび払ってしまったお金は、後から戻してくださいとは言えないので、今後の方針がはっきりするまでは、手元にお金を置いておくべきなのです。

そのようなご説明をしても「もう少し考えてみます。今月は支払日が近いので、とりあえず払っておきます」とおっしゃる方も少なくありません。しかし、それは「もう少し考える」のではなく「もうしばらく考えない」と言っているのと同じです。

考えるのであれば、とにかく支払いを止めて考えましょう。そして、もし銀行から督促の連絡があれば「払えない状態になったので、売却しようかと考えている」と答えるのが、ウソ偽りのない百点満点の回答です。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 「もう少し考える」は、もうしばらく考えないということ

ページの上部に戻る