ホーム > 任意売却 Q&A > 任意売却が成立すれば、競売は取り下げられる

任意売却が成立すれば、競売は取り下げられる

債権者が競売の申し立てを行い、裁判所がそれを決定すると競売開始決定正本が送られてきます。また、それが届く時期に前後して、執行官による現況調査が行われます。

競売が開始しても、まだ任意売却を行うことは可能です。しかし、販売活動を行う期間は限られますので、一刻も早く手続きを行いましょう。その手続きの第一歩は、任意売却を行う業者を選定することです。

先日、逆に競売物件を購入したいという方からご相談をいただきました。そして、その方が入札しようと裁判所におもむいたところ、すでに競売が取り下げられていました。それまでの間に、おそらく任意売却が成立したのでしょう。

競売物件を手に入れるためには、まず任意売却物件として売りに出されていないかを確認することが必要です。さらに、どうしてもその物件を手に入れたいのであれば、所有者に任意売却を行うように働きかけることも方法のひとつです。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 任意売却が成立すれば、競売は取り下げられる

ページの上部に戻る