ホーム > 任意売却物語 > 銀行とはビジネスライクに接する

銀行とはビジネスライクに接する

延滞が始まると、だれもが「銀行から何を言われるだろう・・・」と心配になることでしょう。

しかし、先方はプロですから、よくも悪くもこのようなことには慣れています。びっくりしたような態度をとるのも、債務者にプレッシャーをかけようという演技のうちですから、そのようなことにいちいちビクビクしないことです。

「払えない状態になったので、売却して返済することを考えている」

任意売却のご相談の際に、このフレーズを覚えていただくように繰り返しお話しする決まり文句です。そこでなにか言われたら「よく相談して、またお返事します」と返しておきましょう。

いずれにせよ、これからどうするかは、こちらが決めること。なにかを求められても、すぐに応じないことが肝心です。たとえ、それが些細なことであっても受け入れないようにしましょう。ひとたび応じれば、次から次へと要求がエスカレートしていくからです。

とにかく、オドオドしないこと。自分のペースで、こちらの方針を伝えること。わからないことがあれば「よく考えてみます」と答えてご相談ください。相手の「アドバイス」を聞く必要はまったくありません。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 銀行とはビジネスライクに接する

ページの上部に戻る