ホーム > 任意売却物語 > 競売申立が行われると訪問営業、DMが殺到する

競売申立が行われると訪問営業、DMが殺到する

今週決済を迎えるお客様がいらっしゃるのですが、その売り出しを開始したのはなんと昨年の9月5日。とてもいい物件であったこと、昨年暮あたりから今年の夏にかけて債権者が妙に強気だったことから、なかなか価格面で折り合いがつかず、すでに競売の申立も行われていました(もちろん、今回の任意売却成立によって、競売は取り下げられることになります)。

競売申立が行われることになった際、お客様にお願いしたことがあります。「競売申立が行われると、いろいろな業者からの飛び込み営業やDMがありますから、受け取ったものを捨てずに保管しておいてください」

そして今日、それらを引き取ってまいりました。うわっ! 紙袋にいっぱいです。数が多すぎて、中身に目を通すことはおろか、総数を数えることも容易ではありません。一つひとつの中身を見ると、表面は違っているようで、実は同じ会社から送られてきたものもあるからです。

本日の時点で判明した事実は、送られてきたDM類の総重量が3.5kgであったこと。中身については、今後分析を進め、引き続きコメントしたいと思います。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 競売申立が行われると訪問営業、DMが殺到する

ページの上部に戻る