ホーム > 任意売却物語 > はじめから踏み倒すことばかり考えない

はじめから踏み倒すことばかり考えない

任意売却とは、債務全額ではないにせよ、物件を好条件で売却し、できる範囲の返済を行う、というものです。

その結果、債務が残ったとしても、それをどうするかは売却&返済を行ったうえで考えるべきで、家を売りもしない(=返済しない)うちから自己破産を申し立てるのは時期尚早です。はじめから踏み倒すことしか考えていない姿勢では、債権者からうとまれてもしかたないでしょう。たとえ結果は同じであっても、物事には順序というものがあるのです。

ローンが払えなくなった
   ↓
どうやったら踏み倒せるか
   ↓
自己破産すればいい
   ↓
弁護士に依頼

と考えるのではなく・・・

ローンが払えなくなった
   ↓
家の売却もやむなし
   ↓
任意売却を実行
   ↓
その結果、債務が残ったので話し合い
   ↓
状況によっては自己破産もやむなし

と考えればよいのです。そのほうが債権者にも歓迎されますし、ムダな経費もかかりません。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > はじめから踏み倒すことばかり考えない

ページの上部に戻る