ホーム > 任意売却物語 > やみくもな繰上返済は危険

やみくもな繰上返済は危険

ファイナンシャルプランナーにライフプランを相談すると、このようなアドバイスをされる場合があります。

「早く住宅ローンを完済できるように繰上返済をしましょう。繰上返済は早い時期に行ったほうが効果的です。これが、住宅ローンを借りてから10年目に繰上返済した場合と30年後に繰上返済した場合の比較です。同じ繰上返済でも、時期によってこれだけ支払金額が違ってきますから、早めの繰上返済がオトクです」

一見まともそうに聞こえますが、このような話に納得させられてはいけません。早く返済すれば、その分金利が少なくなるのは当たり前のことで、ことさら感心するような話ではありません。「お金を借りると金利がかかります。お金を返せば金利はかかりません」と言っているにすぎません。住宅ローンは、個人向けローンのうち、もっとも金利の安い金融商品です。その低金利の負債を返済することだけに血まなこになるのは考えものです。

それに、繰上返済をすると、後からいくらお金に困ったとしても、もう取りもどすことはできません(ローン商品によっては例外があります)。別の見方をすると、住宅ローンの残年数が20年ある人にとっての繰上返済とは、20年間絶対解約不可の金融商品を購入するのとまったく同じなのです。そのような決断と実行には、慎重な検討が必要なことは言うまでもありません。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > やみくもな繰上返済は危険

ページの上部に戻る