ホーム > 任意売却物語 > 任意売却前に債権譲渡が行われる場合がある

任意売却前に債権譲渡が行われる場合がある

住宅ローンの返済がストップすると、一定の期間を経た後、銀行は保証会社から代位弁済を受け、債権は保証会社に移行します。そして、任意売却か競売で物件を処分して回収した後、なおも残る債権は、いずれ債権回収会社に売却されることになるのが一般的です。

しかし、何事にも例外はあります。保証会社によっては、任意売却が完了する前に、担保付きのまま債権譲渡を行う場合もあります。任意売却によって、抵当権抹消応諾料(ハンコ代)しか得られないと見込まれる場合、わずかな金額のためにあえて持ち続けて任意売却に対応するまでもなく、早々に債権を処分してしまったほうがよい、という判断がなされるのでしょう。

債権譲渡が行われたとしても、交渉相手が保証会社から債権回収会社に変わるだけで、任意売却になにか影響をおよぼすということはほとんどありません。ただし、相手が保証会社であれば、それぞれの会社のやり方がわかっている場合が多いので、お客様に状況や見通しが説明しやすいのですが、債権譲渡を受けた債権回収会社の場合、担当者がどのようなことを言ってくるのか、話を聞くまでわからないところがあります。

債権譲渡とは別に、保証会社が債権回収会社にたいして、任意売却や競売に関する業務を委託する場合があります。債権回収会社から連絡があったことをもって、債権譲渡されたものと勘違いされる方が非常に多いのでご注意ください。債権譲渡が行われる場合、必ず債権を譲渡した旨の通知が譲渡元から送られてきますので、そのような通知がなく、知らぬ間に債権が移行することなどありえません。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 任意売却前に債権譲渡が行われる場合がある

ページの上部に戻る