ホーム > 用語解説 > 重要事項説明書とは

重要事項説明書とは

不動産の売買を行う際、売買契約を結ぶ前に、その販売業者や仲介業者は「重要事項説明」を行うことが義務付けられています。不動産の取引はたいへん高額ですし、多くの方にとっては未経験である場合が多いでしょう。内容を十分理解しないままに取引を行われることがないように、その不動産がどのような物件なのか、どのような取引条件なのか、宅建業者から詳しい説明を受けることになっています。

任意売却のご依頼をいただく際、その物件を購入された時の「重要事項説明書」をご用意いただくようにお願いしています。それをご用意いただくことで、売却を希望される対象物件を特定することと、その物件の概略を知ることができるからです。

重要事項説明は宅建業者の義務ですから「重要事項説明など聞いていない」「重要事項説明書など受け取っていない」といったことはほぼありえません。例外があるとすれば、民間業者ではない市町村などの公的機関が宅地開発を行い、そこから直接不動産を購入したような場合です。

マンションや建売一戸建を購入した場合は、土地と建物の両方の重要事項説明が行われていますが、土地だけを購入して建物は後から建てた場合は、土地の重要事項説明書だけがお手元にあるはずです。

重要事項説明と売買契約は、続けて行われることがほとんどですから、重要事項説明書と売買契約書もたいていいっしょに保管されています。売買契約書を探してみれば、それに近いところにある重要事項説明書が見つかると思います。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 用語解説 > 重要事項説明書とは

ページの上部に戻る