ホーム > 任意売却 Q&A > 親族間売買は資金調達が鍵を握る

親族間売買は資金調達が鍵を握る

住宅ローンの返済ができなくなると、家を手放さざるを得なくなりますが、その手放した相手先が親族の方で、その方から家を借りることができれば? 任意売却は行うものの、実際にはその家に住み続けることができます。これを親族間売買と呼んでいます。

信頼できる方に同意していただけるのであれば。親族でなくても可能なのですが、将来人間関係がどうなるかはわかりませんし、万が一その方が亡くなったりすると、相続人とのトラブルに発展しかねません(もっとも、これは親族間でもあり得ることですが)。

親族間売買を行う場合、一番の障壁は購入代金の調達です。多くの金融機関では、親族間の売買での融資は認めないことになっているからです。親族間売買でも融資する金融機関もありますが、担保物件の所在地や融資額などの条件にいろいろ制限があり、だれでも大丈夫というわけではありません。

親族間売買であっても、そのプロセスは通常の任意売却とまったく同じです。外形的には、任意売却の販売活動を行い、その購入希望者がたまたま親族だった、ということに過ぎません。したがって、お客様が親族間売買を希望される場合、任意売却の手続きを進めながら、親族間売買の条件が満たせるように検討・準備します。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 親族間売買は資金調達が鍵を握る

ページの上部に戻る