ホーム > 任意売却 Q&A > 任意売却の可否と残債額は関係ない

任意売却の可否と残債額は関係ない

「ローンが3000万円残っているのに、売却しても1500万円ぐらいにしかならないから、任意売却できないと言われました」

そのようなお話を任意売却のご相談でしばしば耳にしますが、それはまったくの素人考えで、そのアドバイスをした人も任意売却のことをご存じないようです。

ローンが焦げ付いてしまった場合、債権者はできるだけ多くを回収しようとします。残債額が、3000万円であろうが7000万円であろうが1億円であろうが、物件の適正価格が1500万円であれば、とにかくその1500万円は回収しなければなりません。「1億円も残っているので、たった1500万円では売れない」などと考えるのは、個人の感情に基づくもので、ビジネスの世界ではありえない考え方です。任意売却に応じずに、結局競売で1000万円しか回収できなければ、さらに500万円の損失を生むことになります。

任意売却交渉の最大のポイントは、売出価格の決定です。債権者によって多少異なりますが、任意売却業者が物件査定書を作成して売出価格を提案し、それを受けて債権者が売出価格を決定する、という手順を踏むのがもっとも一般的です。その際に、残債額がいくらあるかなど、問題になることはありません。物件の適正価格は相場で決まるものであって、それと残債額とはまったく関係ないことだからです。

不動産業者でも、そのことがわかっていない人が少なくありません。販売中の物件の問い合わせで、その物件が任意売却であることを伝えると(※注)、残債額を聞いてくる人がいます。もちろん、そのようなご質問にお答えすることはできません。お客様の借金がいくらあるかなど、販売活動とは関係のない個人情報であって、それをペラペラしゃべるわけにはいかないのは当然のことです。

(※注)取引にあたっては、任意売却特有の条件が付されるため、任意売却であることは伝えておく必要があります。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 任意売却の可否と残債額は関係ない

ページの上部に戻る