ホーム > 任意売却 Q&A > 税金の滞納を放置してはいけない

税金の滞納を放置してはいけない

今あちこちで、市町村による強硬な税取り立てが問題になっています。しかし、税を徴収する側には、納税は国民の義務であり、税負担の公平性を実現するという錦の御旗があります。そのため、裁判所に訴えても、税徴収のためであれば少々手荒い取り立てでもやむを得ない、というムードがあるようです。

税滞納をずっと放置すれば、いずれ自宅を差し押さえられることになります。差押そのものは、登記簿にそのことが登記されるだけで、日常生活にはまったく影響はありませんが、任意売却することになった場合、差押を解除してもらわなくてはいけなくなります。

競売になった場合を想定すると、まず一番抵当権者が債権額の全部か、売却代金が債権額に満たない場合はその全部を総取りできますから、任意売却においても一番抵当権者の発言力が最も強く、後順位抵当権者は一番抵当権者の意向に従う場合がほとんどですが、市町村の税務課は違います。他の債権者の状況や意向にかかわらず、あくまで全額納税を要求してくる場合も少なくありません。これは、他の債権者が話し合いでの解決を求めているにもかかわらず「他は知らんが、自分のところだけは全部払え。全部でなければ1円もいらん」と臆面なく言っているようなものです。

税金の滞納を放置することは、そのようなとてもわがままな債権者を招き入れることになりかねません。すでに差押を受けている方はもちろん、税滞納が1年以上におよぶ方は、すぐにご相談ください。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 税金の滞納を放置してはいけない

ページの上部に戻る