ホーム > 任意売却物語 > 「どうにかします」では、どうにもならない

「どうにかします」では、どうにもならない

「1月5日が6回目の引き落としだったのですが、もうダメなのでしょうか?」

一般に、延滞が6回に及ぶと期限の利益を喪失しますが、6回目に当たる引き落としができなかったからといって、直ちに期限の利益を喪失することになるとは少々考えにくいです。金融機関側の実務に関することなので、金融機関に問い合わせるのが一番です。

しかし、そんな細かいことよりも、もっと考えなければならないことがあります。なぜ、半年もローンを延滞してきたのでしょうか。銀行に問い合わせて、まだ期限の利益を喪失していなかったらどうするのでしょうか。1ヶ月分だけ払ってやり過ごせたとしても、また来月どうするのでしょうか。

そのことをお尋ねすると、来月も「どうにかします」とのお答え。その答えは「どうにかする手段を持ちあわせていない」という意味でしかなく、結局どうにもならないことは明らかです。5回延滞してからの毎月支払いは、状況をますます悪くするので、やってはいけないことと心得ましょう。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 「どうにかします」では、どうにもならない

ページの上部に戻る