ホーム > 任意売却物語 > 残債務は消滅時効が成立することもある

残債務は消滅時効が成立することもある

子どものころにした約束を親兄弟から蒸し返されて「そんなのはもう時効」といった言い方をよくしたものですが、任意売却のご相談をお受けしていて、意外と時効という言葉をご存じない方がいらっしゃることに気づきます。

簡単に言うと、債権をずっと放置しておくと「それだけ放っておいたんだから、もういらないでしょ?」というのが時効です。飲み屋のツケなら1年、給料なら2年、慰謝料請求なら3年、というふうに脈絡もなく決められていて、住宅ローンの残債務は5年です。

それでは、5年間返済せずにずっと放置しておけば、もう返さなくてよくなる、というものではありません。債権者が訴訟手続きをとるなどすれば、時効の進行を中断することができます。時効の成立をねらおうというのは、あまり感心した姿勢ではありません。相手の行動次第で変わってしまうことを期待していてはいけないと思うのです。

逆に「債権者が、むざむざと時効の成立を見逃すはずがない。絶対に裁判を起こしてくるはず」と決めつけることもできません。債権者側にしてみれば、回収不能になった債権は山のようにあり、すべてに目を配ることはたいへんです。回収するにも費用がかかり、回収が見込めないような人を追っかけてもしかたがない、という判断もあるでしょう。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 残債務は消滅時効が成立することもある

ページの上部に戻る