ホーム > 任意売却 Q&A > 引越し代には、定額配分と実費配分がある

引越し代には、定額配分と実費配分がある

任意売却では、売買代金から必要な経費を差し引いた金額が返済に当てられることになります。必要な経費とは、仲介手数料、抵当権抹消登記費用、後順位抵当権者の抵当権抹消応諾費用(ハンコ代)、マンションの場合は滞納管理費・修繕積立金などがあります。

また、売主自身の引越し代も認められるのが通例です。競売の申立をすれば、それなりに費用がかかるところを、任意売却で円満に解決が図られたのですから、その分のごほうび、とも言えるでしょう。

引越し代の出し方は、債権者によってまちまちです。引越し業者の見積を提出させ、一定の範囲で実費を認めるというところもあれば、実際にかかる金額とは関係なく、決まった金額を一律に認めるところもあります。実費の場合、引越し業者の領収証の写しの提出を求められるので、まったく手元に残すことができませんが、定額で認められる場合は、実際にかかる引越し代をより安くあげれば、節約した分だけ手元にお金を残すことができます。

それぞれの債権者が引越し代をどのように取り扱っているかは、ある程度把握していますが、そのようなルールはいつでも変更される可能性があるため、このようなところで公表するのは適当ではないでしょう。任意売却のご相談の際に、直接お問い合わせください。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 引越し代には、定額配分と実費配分がある

ページの上部に戻る