ホーム > 任意売却 Q&A > 給与差押は通常考えられない

給与差押は通常考えられない

「住宅ローンの返済をストップすると、給与を差し押さえられたりしませんか?」

住宅ローンの返済をめぐって、そのような心配をされるのは、取り越し苦労というものです。住宅ローンの場合、その返済を担保するために抵当権が設定されており、返済が滞れば抵当権の行使、すなわち任意売却や競売によって回収が行われるのが当然の成り行きです。そのプロセスを経ずに、給与差押が行われることなどありません。

それでは、任意売却後の残債務の返済についてはどうでしょうか。

任意売却では、物件の売却によって多くの債務を返済し、なおも残る債務の取り扱いについては話し合いで決められます。そのように円満に取り決めたにもかかわらず、一方的に給与差押を行うことなど道義に反することですから、まずありえないことと考えていただいてよいと思います。

法律的にはあり得ても常識的にはあり得ない、ということがあります。「そうなる可能性があります」という言葉に驚き、見えない影におびえて性急に事を進めることは適切ではありません。もし常識的には考えられないことが本当に起きた時は、それからどうするかを考えても全然遅くありません。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 給与差押は通常考えられない

ページの上部に戻る