ホーム > 任意売却物語 > 任意売却の販売期間

任意売却の販売期間

債権者に任意売却の意向を連絡すると、たいていは任意売却の販売期間を認めます。「販売期間」と言っても、バーゲンセールのような期間限定の取り組みが行われるわけではなく、その間は競売の申立を見合わせる、ということを意味しています。競売の申立を行うには一定の費用がかかりますから、任意売却がスムーズに行われれば競売の申立をせずに済む、というわけです。

成約に至らないまま、任意売却の販売期間を終えた場合、直ちに任意売却が取りやめになるというわけではありません。その後、競売の申立が行われることになりますが、競売が終了するまでには何ヶ月もかかりますから、その間にも任意売却の販売活動は継続できます。

住宅金融支援機構の場合、任意売却の販売期間は6ヶ月です。その間、私たちは毎月「販売活動状況報告書」を提出し、必要があれば価格の見直しを提案します。この価格交渉はとても重要で、この巧拙が任意売却の成立を大きく左右します。

住宅ローンの延滞開始から数えると、期限の利益を喪失するまでに6ヶ月、債権回収会社への業務委託が行われるまでに3ヶ月、任意売却の販売活動で6ヶ月、競売の着手から競売の終了までに6ヶ月・・・すべてを足すと1年と9ヶ月。その間、すべてが日程通りに進むわけではありませんので、ご相談をお受けしてからすべてが終わるまで、2年以上のお付き合いになる場合もあります。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 任意売却の販売期間

ページの上部に戻る