ホーム > 任意売却物語 > 競売手続きの進行が早くなっている

競売手続きの進行が早くなっている

以前の記事に「競売の手続きにはだいたい半年ぐらいかかる」と書いたことがありますが、最近は迅速化されつつあるようです。2月に開札を迎える事例をいくつか調べてみました。

東京地裁 物件:マンション 現況調査: 8月 8日 開札日:2月26日
大阪地裁 物件:マンション 現況調査: 8月12日 開札日:2月20日
札幌地裁 物件:マンション 現況調査: 8月24日 開札日:2月12日
横浜地裁 物件:マンション 現況調査:10月15日 開札日:2月25日
福岡地裁 物件:マンション 現況調査:10月27日 開札日:2月23日

これを見ると、横浜地裁と福岡地裁の迅速ぶりが目立ちます。ほぼ4ヶ月で、福岡地裁の例ではわずかながらも4ヶ月を切っています。もちろん、同じ裁判所でも個々の物件で多少違いがありますが、個人の一般的な住宅であればそう大きな違いにはならないでしょう。

競売開始決定が出たら待ったなしです。後々のことは走りながら考えるとして、まず任意売却に着手しましょう。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 競売手続きの進行が早くなっている

ページの上部に戻る