ホーム > 任意売却 Q&A > 任意売却に応じないケースはまれ

任意売却に応じないケースはまれ

「こちらが任意売却を希望しても(債権者に)応じてもらえるものなのでしょうか?」

このようなご質問をお受けすることがあります。生真面目な方ほど、延滞という「不義理」を重ねたうえで、債務者側から任意売却を希望しても「あつかましいにもほどがある」と一喝されるのではないか? というふうにでも心配されるのでしょうか。

確かに、任意売却は債務者側から希望することで始まりますが、それはあくまで形式上のことで、実際には債権者が望んでいることです。競売という「裁判沙汰」にしなくても、債務者自らが家を明け渡して売却してくれるというのですから、債権者にとってはこんな楽なことはありません。

過去に任意売却を拒否されたケースを見てみると・・・

債権者側から再三任意売却を呼びかけたものの債務者がまったく応じず、やむを得ず債権者が競売の申立手続きに入った後になって、任意売却を申し出て拒否された例があります。そうなってしまったのは、延滞が始まると同時にすぐ自己破産手続きをとったために、債権者からの任意売却の呼びかけがすべて弁護士のところで止まってしまい、弁護士がそのことをまったく伝えていなかったためでした。「再三の呼びかけを無視しておいて、今さら債務者から直接任意売却したいと言われても、こちらは弁護士としか話ができないので応じられない」というわけです。

もうひとつのケースは、住宅供給公社が任意売却を拒否した例がありました。バブル期に保証会社が破綻したために代位弁済が行われず、住宅供給公社に債権がとどまることになりました。通常は、住宅供給公社が任意売却による債権回収を行うことなどなく、そのようなノウハウがまったくないため、裁判所での競売手続きに頼らざるを得なかったのでしょう。

今までで、まったく理由がわからないままに任意売却を拒否された例がひとつだけあります。保証会社から「この案件については、競売で処分することにいたしました。理由は申し上げられません」とだけ連絡してきました。さすがにこれには、唖然とするしかありませんでした。

このように、任意売却が拒否されることがまったくないわけではありませんが、指を折って数えられる程度のきわめて珍しいケースです。結果的に任意売却が成就しない要因は他にもあるわけで、さしあたってそのような心配をされることはありません。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 任意売却に応じないケースはまれ

ページの上部に戻る