ホーム > 任意売却物語 > 自己破産しても債務がなくなるわけではない

自己破産しても債務がなくなるわけではない

このタイトルを読んで「そんなのウソだ。自己破産したら借金はチャラになる」と思われたかもしれません。自己破産の効果については諸説あるそうですが、判例によればこのタイトルのとおりで、債務がなくなるのではなく、弁済する責任がなくなる、としているそうです。

この考え方に基づけば、免責を得た後でも、債権者が債務者に請求書を送り、取り立てを行うこと自身に問題はなさそうです。ただ実際には、債務は消滅したと信じている債務者が、顔を真赤にして怒鳴りこんでくるかもしれないですし、金融機関の場合はすでに償却してしまっているでしょうから、請求を立てるわけにはいかないでしょう。

自己破産の効果を突き詰めれば、裁判に訴えられて強制執行されるのを阻止できることであって、そもそも取り上げられる財産がない人にとっては、強制執行を阻止するまでもなく実行されることがないので、なにも変わりません。「払えないから自己破産」と単純に考えるのではなく、自己破産のメリットとデメリットを比較・検討するようにお勧めしているのはそのためです。

しかし、人の心理とはおかしなもので、ついこの間まで債権者の取り立てにとてもおびえていたのに、自己破産を行って免責決定を得たとたんに平気になるどころか、逆に横柄なまでの態度をとる人もいます。そのような気分になれることに自己破産のメリットを見いだすのであれば、それはそれで結構なことです。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 自己破産しても債務がなくなるわけではない

ページの上部に戻る