ホーム > 任意売却物語 > 一生、家に縛られることはない

一生、家に縛られることはない

「住宅ローンが払えないというわけではないが、職場から遠くて不便だし、一人暮らしには広すぎるので、できれば引っ越したい」

このようなご相談がありました。そこで、任意売却を行うことによるデメリットをご説明し、今の生活を我慢して継続することを比較して、どちらのデメリットが大きいかを検討されることをお勧めしました。

住宅ローンが払えないわけではないのに、わざと返済を止めて任意売却に持ち込むようなことをしていいのか? とお考えになる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、家族構成や勤務先が変わるなどして、現在の住居が望ましくないということは十分に考えられます。よりよい生活を求めようとすれば、多少のデメリットはあったとしても売却したほうがよい、という選択はあり得ることで、借金に縛られて快適な住居を得られないということになれば、それではまるで奴隷のようです。

そもそも、売却しても住宅ローンが全額返済できないのは、金融機関が担保価値を無視して過大な融資を行った結果にほかなりません。そのこと自身を批判するつもりはまったくありませんが、そのことはほおかむりしたまま、債務者が任意売却を行う動機や目的を論難することは不公正ではないかと思います。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 一生、家に縛られることはない

ページの上部に戻る