ホーム > 任意売却物語 > 保証人になるなら債務額と担保価値を確認する

保証人になるなら債務額と担保価値を確認する

「親族からローンの連帯保証人になるように頼まれたのですが、どうしたらいいでしょうか」

もしこのような質問をだれかにすれば「絶対になっていけません!」というアドバイスが予想されますし、人に尋ねるまでもなく、そのように固く信じている方もたくさんいらっしゃるでしょう。しかし、そのような「教義」にとらわれて、些細なことまで拒否してしまうのも考えものです。

以前に、お客様が自宅を2000万円で親族間売買することになり、そのうちの500万円だけを融資を受けることになったのですが、他の親族がその融資の連帯保証人になることを渋ったため、話がスムーズに進まなかった例がありました。

任意売却の成立を急いでいた金融機関の事情もあって、その2000万円という売買価格はかなり割安で、もしその物件をあらためて売りに出したとすれば、2000万円以上でも売却することが十分見込める物件でした。さらに、融資を受ける額はわずか500万円です。土地の担保評価だけでも債務額を十分に上回っており、ほとんど無視できるほどのリスクでした。

あてにしていた親族が連帯保証人になってくれない、というご相談をいただき「ほとんどリスクがないので、もし10万円でもいただけるのであれば、私がなりたいぐらいです」と申し上げたところ、ほどなくして承諾していただけることになりました。

何の情報もなく、ただ連帯保証人になる・ならないという話ではなく、債務額と担保価値を見極めてリスク評価を行ったうえで判断するべきです。そして、人にお願いごとをする以上は、それなりのお礼を用意することも必要です。そうすれば、結果のいかんにかかわらず、双方が納得できるでしょう。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 保証人になるなら債務額と担保価値を確認する

ページの上部に戻る