ホーム > 任意売却物語 > 常に自宅の時価額を把握しておくとよい

常に自宅の時価額を把握しておくとよい

購入代金のすべてを借り入れて新築住宅を購入した場合、物件の時価額よりも住宅ローンの残高のほうが必ず多くなります。新築住宅よりも中古住宅が高く売れることはなく、返済によってローン残高が減るスピードより、物件が時間とともに値下がりしていくスピードのほうが速いからです。つまり、最初から債務超過状態になっているのですから、もし何らかの事情で住宅ローンが返済できない状態になれば、任意売却にならざるを得なくなるのはほぼ必然です。

住宅ローンの残高が2000万円あるのに、物件の時価額が1000万円しかないということになれば、多くの方が落胆されてしまうかもしれませんが、任意売却に携わっている私たちの目から見れば、あながち悪い状況ではありません。時価額分の1000万円さえ調達できれば、いざ任意売却しなければならなくなったというときに買い戻せてしまうからです。

具体的には、親族間売買という方法をとります。2000万円の債務があっても、物件には1000万円の価値しかありませんから、その価格で売り出すことになります。そして、親族の方に1000万円で購入していただき、売買が成立した後、その親族の方から借り受けることで、今までどおり住み続けることができます。

将来、住宅ローンの返済に困らないように、ただひたすら繰上返済することに熱中している方がいらっしゃいますが、物件の時価額分の貯金を作るほうが先決だと思います。住宅を購入後、すぐには無理ですが、物件の価格は時とともに値下がりしますから、せっせと住宅ローンを返済していくうちにハードルがどんどん下がってきます。

そして、ついに貯金が時価額を上回ったら、もういつどうなっても安心です。以後は、ますます貯金は増え、ますます時価額は下がっていきますから、余ったお金で繰上返済をされるとよいでしょう。そのためには、住宅ローンの返済に困っていなくても、常に自宅の時価額を把握しておくとよいでしょう。

好むと好まざるとにかかわらず、いずれにせよ物件価格は下がっていくのですから、それを嘆いていてもはじまりません。そうなっていくことを楽しみに変えて貯金に励みましょう。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 常に自宅の時価額を把握しておくとよい

ページの上部に戻る