ホーム > 任意売却 Q&A > 競売の取り下げは開札日の前日まで

競売の取り下げは開札日の前日まで

不動産競売の申立をされても、任意売却が成立すれば取り下げられることになります。この「任意売却の成立」とは、代金決済が行われて売買代金を受領し、債務の返済が行われることを指します。したがって「任意売却の予定が決まったので、競売を取り下げてください」という話は通用しません。

通常、不動産競売では一週間の入札期間があり、入札が締め切られた一週間後に開札が行われます。入れられた札が開かれて、一番高い札を入れた人(競落人)が決まる日が開札日です。

競落人が決まった後、競売の取り下げを行うには競落人の同意が必要です。しかし、そのような同意が得られるはずがないので、競売を申し立てた債権者も同意を得る手続きなどとってくれません。債権者の一存で競売の取り下げができるのは、開札日の前日までですから、遅くともその日に代金決済を終了しなければなりません。

ただし実務上は、開札日の前日に決済を行うことは、債権者の同意を得ることがかなり困難です。万が一、その当日に書類の不備などの問題が生じただけでも、競売の取り下げができなくなってしまうからです。

よほどの事情がない限り、開札日の二週間前、すなわち期間入札が始まる前日までに任意売却を完了することが望ましいと言えます。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 競売の取り下げは開札日の前日まで

ページの上部に戻る