ホーム > 任意売却 Q&A > 引越し代は代金決済日に配分される

引越し代は代金決済日に配分される

任意売却では、売却に要する費用を除き、売買代金の全額が返済に当てられることになりますが、その一部を控除して、債務者自身に「引越し代」として配分する慣行があります。

受け取った金額だけ返済額が減り、任意売却後の残債務が増えることになりますので、理屈のうえではプラスマイナスゼロですが、生活再建を図るうえで、債務の額面金額よりも現実に使える現金を持つ意味のほうがはるかに大きいと言えます。不動産競売のような裁判沙汰にすることなく、任意売却によって円満な解決が実現したごほうび、と言って差し支えないと思います。

ただし、この引越し代は、売買代金を決済する時に支払われます。代金決済を行うときには、すでに引っ越しを終えておかなくてはなりませんから、引っ越しの時点ではまだ引越し代を受け取ることはできません。そのことを考慮せずに「引越し代が出ると聞いていたので、引越し業者に支払う費用を準備していない」ということがないようにしてください。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 引越し代は代金決済日に配分される

ページの上部に戻る