ホーム > 任意売却物語 > 払えないのであれば、自己破産する必要はない

払えないのであれば、自己破産する必要はない

「返済は無理ですから、自己破産するしかありません」

住宅ローンの返済に困って弁護士に相談すると、ほとんどの方がこのようにアドバイスされると思います。しかし、これは仕事を受注するための弁護士のセールストークのようなもので、適切なアドバイスとは思えません。

自己破産の効果とは、強制執行を阻止することです。たとえば、給与差押をされないようにする、遺産相続などの将来手にすることが予定されている財産をとられないようにする、などです。放置すれば取られてしまうかもしれないものを取られないようにする、という具体的なメリットがあるから、自己破産の値打ちがあるわけで、困窮していて返済が無理というなら、自己破産してもしなくても同じことです。

任意売却後の残債務の回収のために、給与の差押を行ったという例を聞いたことはありませんが、もし仮にそれが行われたとしたら、それから自己破産の手続きをとっても遅くありません。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 払えないのであれば、自己破産する必要はない

ページの上部に戻る