ホーム > 任意売却物語 > 親族間売買はあつかましいことではない

親族間売買はあつかましいことではない

通常は、任意売却を行うと転居しなければなりませんが、なおも住み続けられる方法として親族間売買があります。たとえば、父親名義の家を子どもが買い取り、家族が従来通り住み続けるといった方法です。

ローン残高が3千万円ある物件を2千万円で買い取ることができれば、債務が1千万円残ることにはなりますが、少なくとも2千万円にたいするローン返済をしていくことで、家を維持していくことができます。

なんとも虫がいい話だと思われるのか「そのようなことを債権者が認めるのですか?」というご質問がよくあります。そのようなご心配は無用です。親族間売買であることを理由に、任意売却を拒否された経験は未だかつて一度もありません。

むしろ親族間売買のほうが、値引き要請がないためにより高額で取引が成立し、引越代等の配分要求もなく、債権者には歓迎されるように感じています。また、販売状況が思わしくないケースでは、保証会社の担当者から「こんなに安いんだから、身内で買う人はいないの?」と聞かれたことさえあります。

ただし、親族間売買の買い取り資金の調達は容易ではありません。ローンの返済を受けるほうはまったく気にしないのですが、融資をする側のチェックがとても厳しいので、むやみに金融機関の窓口で相談するのではなく【にんすい】までお問い合わせください。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 親族間売買はあつかましいことではない

ページの上部に戻る