ホーム > 任意売却物語 > 弁護士には、任意売却はできない

弁護士には、任意売却はできない

「弁護士の先生から『任意売却業者では債務整理はできません。相談すること自身が違法』と言われたのですが・・・」

確かに、弁護士や司法書士でなければ、自己破産などの債務整理を行うことができない、ということはそのとおりですが、そもそも任意売却を行うことは債務整理でもなんでもありません。任意売却業者が行っていることは不動産取引を媒介することであって、これを行うためには宅地建物取引業免許が必要です。今度は逆に、弁護士や司法書士にはその資格はありません。

要するに、その弁護士は、実は当たり前のことを言っているだけなのですが、意図的に任意売却と債務整理をゴチャマゼにして、あたかも任意売却業者に相談することが違法行為であるかのように印象づけるのです。続けて「その弁護士はこのようにおっしゃってませんでしたか?」とお尋ねすると、ことごとく「そのとおりです~」の答え。任意売却の相談をしたはずなのに、債務整理の話にすり替えられていっているのです。これは、そのスジの法律事務所が行う詐欺的セールストークの典型例です。

「相手が勝手に勘違いしただけ」と知らんぷりすることは、弁護士に限らず、法曹界の人たちが最も得意とするところです。盲目的に信じて「勝手な勘違い」をしないように気をつけましょう。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 弁護士には、任意売却はできない

ページの上部に戻る