ホーム > 任意売却物語 > 任意売却は離婚する夫婦の最後の共同作業

任意売却は離婚する夫婦の最後の共同作業

住宅ローンが、夫婦の連帯債務あるいは連帯保証になっている状態で離婚することになった場合、家をどうするかを大いに悩むところです。お一人おひとりの細かい事情は様々ですが、次のような約束をするとトラブルの火種になります。

(1)連帯保証人から妻を外すという約束で、妻が出ていく
(2)住宅ローンは夫が支払うという約束で、夫が出ていく

このいずれの約束も守られる保証はまったくありません。むしろ、それは無理と考えるほうが自然です。連帯保証人を外すことは金融機関が認めませんし、自身が住んでいない住宅ローンの支払いを完済まで続けることは、よほどの資産家でもない限り不可能なことです。また、出ていった夫が相当の長期間ローン支払いを行っていた場合、当初の支払い約束が無期限であったとしても、いつまでも支払いを求めることはあまりに酷である、という司法判断がなされる可能性もあります。

実際にその約束が履行されなくなった時、話し合いさえきちんとできれば、円満に解決できる方策を見出すことは可能ですが、離婚して何年もたっているのに、今さら話し合うということ自身、たいへん困難を伴います。そのようなことにならないよう、離婚するとなったら共有のものをすべて整理することをお勧めします。共有名義の家は、離婚を機に任意売却を行なうべきです。そうすれば、離婚後何年もたってから再びもめずに済みます。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 任意売却は離婚する夫婦の最後の共同作業

ページの上部に戻る