ホーム > 任意売却 Q&A > 投資家によるリースバックはまずあり得ない

投資家によるリースバックはまずあり得ない

リースバックとは、所有する不動産を売却して、売却先の新たな所有者から賃借することを言います。いったんは所有権は手放すものの、従来通り住み続けられ、将来は買い戻すことも可能とされています。

住宅ローンの返済に困った方のひとつの解決策として、このリースバックを紹介されている任意売却業者が多数ありますが、実際には親族間でなければ成立しないケースがほとんどです。一般投資家によるリースバックが成立するには、物件の時価がローン残高を上回っている必要があるからです。「売却すればローンが完済になるなら、とっくの昔にやっているよ」という方には、投資家によるリースバックはまずあり得ないと考えて差し支えありません。

ただし、何事にも例外というものはあります。不動産投資に興味を持ってはいても知識が十分ではないという人に、相場を無視した高値で売りつける業者がまったくいないわけではないからです。「切羽詰まっているから、そんなことは言ってられない。あこぎな業者にも期待をかける」という方もいらっしゃるかもしれませんが、そのようなことが頻繁にあるわけではありません。そのようなことを期待して、思ったとおりにうまくいくほど世の中甘くはありません。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 投資家によるリースバックはまずあり得ない

ページの上部に戻る