ホーム > 任意売却物語 > 任意売却物件は、かえって素人の方にお勧め

任意売却物件は、かえって素人の方にお勧め

住宅金融支援機構に「任意売却に関する申出書」を提出すると、半年間の任意売却期間が認められます。「その間は競売にかけないでおくから、その間に自ら売却してください」ということを意味しています。

任意売却物件は、相場より必ず安いというわけではありません。ただし、一般の売却物件の場合は、売主の考え方によって相場を無視した価格設定がされている場合が少なくないですが、任意売却物件の場合はまずそのようなことはありません。ほぼ適正と考えられている価格で販売されているので、不動産の知識があまりない方にとっては、とんでもないものを高値でつかまされる心配がなく、逆に安心できる物件ではないかと思います。

売出開始後、任意売却業者は毎月「販売活動状況報告書」を提出し、販売状況が思わしくなければ売出価格の見直しを行います。客付け仲介業者から、しばしば値下げ要請の可否を尋ねられますが、販売開始時期を見ればそれはたいていわかることです。まだ売り出したばかりの物件で「いくらになりますか?」などと聞かれても答えようがなく、2ヶ月後にあらためてご連絡くださいと伝えても、今月の売上目標達成に必死な不動産営業マンはしつこくて困ることがしばしばあります。

購入する側から見れば、任意売却物件にたいする不安を考えるより、付き合っている不動産営業マンにたいする不安を考えたほうが現実的でしょう。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 任意売却物件は、かえって素人の方にお勧め

ページの上部に戻る