ホーム > 任意売却物語 > 競売が終了するまで、任意売却は可能

競売が終了するまで、任意売却は可能

通常、任意売却による販売を開始するにあたって、一定の販売期間が定められます。この間は競売手続きを行わず、任意売却の成立を期待するわけですが、その期間内に売却が決まらないと、債権者は競売の申立手続に着手することになります。その際に債権者から「任意売却を断念します」という通知がお手元に届く場合があります。

これは、任意売却の成立を待つという方針を改めて競売の申立を行うという意味で「任意売却を拒否します」という通知ではないのでご安心ください。競売申立を行ってから競売によって新しい所有者が決まるまでには、半年ほどの期間を要します。それまでに購入希望者が現れて任意売却が成立すれば、競売は取り下げられることになりますので、競売申立が行われてもあきらめることはありません。

本当の意味で任意売却を断念せざるを得ないのは、競売の期間入札を経て、入れられた札が開かれた(開札)時です。こうなると落札した人(競落人)が決まり、もはや任意売却を実行することは事実上不可能になります。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 競売が終了するまで、任意売却は可能

ページの上部に戻る