ホーム > 任意売却物語 > 払えなければ、払ってはいけない

払えなければ、払ってはいけない

延滞が始まってから、任意売却が成立して物件を引き渡すまでには、1年かそれ以上の期間を要することがほとんどです。その間は、ローンの支払いをせずに住んでいられるので、その間にできるだけ貯金をするように心がけてください。それが、今後の生活を立て直す大切な資金になります。

任意売却のご相談のなかでそのお話をすると、このことを指して「払わなくてもいいんですか?」とお尋ねになる方がいらっしゃいます。しかし、それは適切な表現ではありません。「払わなくていい」のではなく、ご自身がすでに「払えない」状態になっているのです。そのことをしっかり認識しなければなりません。

支払いができない状態なのに支払いを継続しようとすれば、その無理は必ずどこかにしわ寄せされます。誰かから借りて返済したり、教育資金などの将来必要な準備金に手を付けたりすると、ますます家族や親族に迷惑をかけることになってしまいます。

借金をどうするかばかりを考えるのではなく、ご自身と家族の生活を第一に考えるようにしなければなりません。住宅ローンの返済が生活を破壊しているのであれば、それを止めることはよいことでないとしてもしかたのないことです。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 払えなければ、払ってはいけない

ページの上部に戻る