ホーム > 任意売却物語 > 任意売却後の残債務をどうするかは、自分が決める

任意売却後の残債務をどうするかは、自分が決める

任意売却を行っている間は、まだその物件がいくらで売れるかは確定していません。購入希望者が現れ、売買価格と売却費用が決まって初めて、任意売却後の残債務がいくらになるかについても確定します。

たとえば、現時点での債務が2000万円あり、売買価格は1500万円、売却費用が100万円かかると仮定します。売買価格から売却費用を差し引き、1400万円が返済に当てられることになれば、600万円の残債務が確定します。

この残債務の600万円については、どうするかはご自身が決めることになります。「一括返済を行えるようになるまでしばらく待ってもらう」という選択肢もありますし「毎月少しずつ返済していく」という選択肢もあります。また、返済余力がないので、当面返済は勘弁してください、という選択肢もあります。そのどれを選択するかは、個人の意志というよりも、家計の状況次第と言えるでしょう。

家計の状況は、なかなか自分自身では把握しにくいものです。引け目に思う気持ちから、無理な返済を自ら約束してしまうようなことがないように、冷静に判断しなければなりません。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 任意売却後の残債務をどうするかは、自分が決める

ページの上部に戻る