ホーム > 任意売却物語 > 債権者の過大評価が、任意売却失敗の最大原因

債権者の過大評価が、任意売却失敗の最大原因

不動産の所有者がその物件を売却するとき、できるだけ高く売りたいと考えるのは当然のことです。その気持ちが高じて、債権者や仲介業者に、その物件の価値がいかに高いかを懸命に力説される方がいらっしゃいます。しかし、それは自らの首を絞める行為になりかねません。

買う側の立場の人にその物件の良さを強調するのはいいのですが、債権者も仲介業者も買う側ではなく、売る側の立場です。売る側の人に、そのようなことを訴えても意味がないだけでなく、債権者はより多くの返済が見込めると期待して、売却価格を引き上げる方向に働きます。債権者が物件を過大評価すれば、本来は妥当なはずの価格でも応諾が得られず、任意売却が成立しなくなってしまいます。任意売却に失敗するケースの多くが、債権者の過大評価によるものです。

任意売却をスムーズにまとめるためには、物件の欠点と考えられることをできるだけ多く把握して、それを債権者や仲介業者に伝えておくことです。それが最後の最後のギリギリの攻防のところで「まぁしかたない。任意売却に応じましょう」という判断につながることになります。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 債権者の過大評価が、任意売却失敗の最大原因

ページの上部に戻る