ホーム > 任意売却物語 > 裁判所からの通知はすぐに連絡を

裁判所からの通知はすぐに連絡を

「そういや、ちょっと前になんか来てたなぁ」

債権者から競売の申立をすると伝えられ、それからかなり時間が経っても、お客様から裁判所からの通知が届いたという連絡がありません。いくらなんでも遅すぎると思って伺ってみると、このようにおっしゃって、とっくの昔に届いていた、ということがあります。「金融機関からこんな通知がきました!」とあわててご連絡をいただく場合はあるのですが、裁判所からの通知については、口を酸っぱくして連絡をお願いしていても、あまり重要に思われないことが多いようです。

債権者からの通知文書は、人を脅かすような文言が書かれているのに対して、裁判所からの文書は淡々としていて、切迫感を感じないからかもしれません。しかし、そちらのほうがずっと重要なのです。その連絡をいただけなかったために、貴重な時間を何日も無駄に費やしてしまったことがあります。

金融機関からの通知は、任意売却業者にも届いていることがありますし、いつでもこちらから金融機関に尋ねることもできます。しかし、裁判所からはなんの連絡もありませんし、こちらから尋ねることもできません。裁判所からの通知があった場合は、直ちにお知らせください。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 裁判所からの通知はすぐに連絡を

ページの上部に戻る