ホーム > 任意売却物語 > 任意売却販売期間が短縮か

任意売却販売期間が短縮か

住宅金融支援機構の任意売却販売期間は、従来は6ヶ月とされていましたが、つい最近複数の案件で、販売開始から4ヶ月の時点で成約見通しがなければ、競売申立を検討するとの意向が、担当債権回収会社から伝えられました。

詳細はまだわかりかねますが、任意売却の処理スピードを重視する姿勢に変わってきているようです。そのためか、売出価格の見直しについては、比較的柔軟になった感じがします。

このことに限らず、任意売却の方針や進め方は、しばしば変わっていきます。インターネットで情報収集していると、古い情報と新しい情報が入り混じりますので、ページによって書いてあることが違うことがあります。「書いてあることが違って、何が正しいかわからない」とさじを投げずに、最新情報を検証するようにしてください。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 任意売却販売期間が短縮か

ページの上部に戻る