ホーム > 任意売却 Q&A > 「競売にかけられる」と早合点しない

「競売にかけられる」と早合点しない

「来月には競売にかけられることになります。任意売却するには、ローンの返済をしておいたほうがいいのでしょうか?」

このようなご質問を受けることがあります。そのような方は、まったく逆に勘違いされています。

任意売却交渉は、期限の利益を喪失し、保証会社による代位弁済が行われた後、その保証会社との間で行うものです。返済を続けていては、代位弁済が行われず、任意売却を行う条件が揃いません。しかし、なぜそのような勘違いが起こるのでしょうか。おそらく、送られてきた催告書に書かれていることを誤解されるからではないかと思います。

「○月○日までにお支払いください。期日までにお支払いいただけない場合、競売等の法的措置をとることになりますのでご承知おきください」

これを見て、指定された期日までに延滞しているローンの支払いをしないと、自動的に競売にかけられると勘違いされるようです。競売『等』となっているとおり、あくまで競売はひとつの可能性であり、必ず競売になると決まっているわけではありません。

それでは、どういう場合に競売になるのでしょうか。それは「支払いをしないで、なおかつ話し合いに応じなかった」場合です。抵当権者であっても、所有者の同意なく売却するには、裁判所に申し立てて強制的に売却してもらう必要があります。それにたいして、売却の同意が所有者から得られるのであれば、わざわざ競売の申し立てをする必要がなく、任意売却で円満に処理できます。「競売等の法的措置をとる」という催告書の文言は、裏を返せば「任意売却をご希望であれば、お申し出ください」というメッセージでもあるのです。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 「競売にかけられる」と早合点しない

ページの上部に戻る