ホーム > 任意売却 Q&A > 債務額と共有持ち分の割合は関係ない

債務額と共有持ち分の割合は関係ない

「離婚した元夫が自己破産することになったらしく、現在私が住んでいる共有名義の自宅が競売にかけられました」

こう切り出された相談者の方は、任意売却後の残債務のことがご心配のようです。そして「持ち分は2分の1ずつですが、元夫が自己破産するとすべてが私の方にくるわけですね?」とお尋ねになりました。

そのようにおっしゃるところを見ると、少々誤解されているようです。持ち分が2分の1だからといっても、債務の半分を払えば済むというものではなく、連帯債務者や連帯保証人は、残債務すべてにたいして責任を負います。そのことは、共有名義人である元夫が自己破産してもしなくても関係ありません。たとえば、任意売却後の残債務が2000万円になったとすると、元夫と元妻それぞれに2000万円の請求書が届き、元夫が自己破産すれば元妻にのみ2000万円の請求書が届きます。元妻が受け取る請求書の請求額は、どちらの場合でも2000万円です。

多くの方は、請求書を受け取るとその全額を当然に支払うものとお考えになっていますから、2000万円の請求書が元夫と元妻それぞれに送られることをお話しすると「なんで4000万円払わなきゃいけないの?」と勘違いされる方もいらっしゃいます。そうではなく、返済が滞って連帯保証人に請求されることになったのですから、本人に請求するとともに連帯保証人にも同じように請求するのです。どちらかがいくらかを弁済すれば、その弁済された分だけどちらの債務も減ることになります。

元夫の債務額=2000万円
元妻の連帯保証債務額=2000万円
 ↓
元夫が100万円弁済
 ↓
元夫の債務額=1900万円
元妻の連帯保証債務額=1900万円
 ↓
元妻が100万円弁済
 ↓
元夫の債務額=1800万円
元妻の連帯保証債務額=1800万円

きわめて初歩的なことですが、問題が初歩的であればあるほど、それを誤解している人にわかりやすく説明することはとてもむずかしいことです。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却 Q&A > 債務額と共有持ち分の割合は関係ない

ページの上部に戻る