ホーム > 任意売却物語 > 赤字の収益物件は任意売却で処分

赤字の収益物件は任意売却で処分

かつて、節税対策になると盛んに勧められて、収益物件のローン返済に苦しんでいらっしゃる方が大勢います。そのような方からご相談を受け、購入当時の様子を伺っていると、デベロッパーと金融機関がグルになった詐欺まがいの悪徳商法だったと思えるケースが少なくありません。

ちゃんと賃借人がいて、家賃が正常に入っていても赤字。賃借人が退去するとたちまち大赤字というのでは、とても「収益物件」とは言えません。それを漫然と続けていては、ただひたすら金融機関の利益のために、せっせせっせとお金を貢いでいるようなものです。さっさと任意売却によって処分することが一番です。

「売却しても、ローンの残債はとても払い切れないので、莫大な残債務を背負ってしまう」と多くの方が心配されますが、そもそもその債務は任意売却を行うことによって生じるものではありません。莫大な債務を現に背負っていて、今の状態を続けていても先行きに明るい見通しはありません。現在の状態を継続していること自身が地獄で、そのような事業から早く撤退することはビジネスの世界の常識です。そのような状況にすでにおかれているにもかかわらず、先々の残債務のことを心配するのは、川に落ちて溺れかけている人が、岸に上がった後の着替えの心配をしているようなものです。

任意売却を行うと、融資している金融機関は全額回収できなくなります。そのために、債務者に対してあの手この手で脅して返済を継続させようとしますが、もともと収益の見込みがない事業に資金を貸し出していたのですから、それは自業自得というものです。奴隷のように、債権者に言われるがままに付き従うことはありません。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 赤字の収益物件は任意売却で処分

ページの上部に戻る