ホーム > 任意売却物語 > 銀行を説得しようとしてはいけません

銀行を説得しようとしてはいけません

ローンの支払いができなくなり、任意売却することを決めたら、そのことを銀行に伝えます。「伝えなければならない」ということではありませんが、しつこい取り立てに悩まされるようであれば、はっきり伝えておいたほうがすっきりするでしょう。

そこで伝えることは「支払えない状態になったこと」「任意売却を検討している」という二点です。これ以上のことを言う必要はありません。支払えなくなった理由は「収入が減ったから」。それを告げれば十分です。それ以外のプライバシーに関わる質問をされても、当然答える義務はありません。

また、これはあくまで銀行に対する「通告」であることに留意してください。決して「相談」や「許可申請」ではありません。理由をあれこれ述べて、相手に理解を得ようとしてはいけません。ますます、根掘り葉掘り聞かれるだけです。

もっとも、ほとんどの銀行や保証会社は、執拗に支払いを求めたり、プライバシーを詮索するようなことはせず、紳士的に対応していただけますので、あまり心配する必要はありません。しかし、世の中にはタチの悪い金融機関もあるので、そういうところにあたってしまった場合は、以上のことを念頭に置いて対応してください。

無料相談電話:0120-961-881





ホーム > 任意売却物語 > 銀行を説得しようとしてはいけません

ページの上部に戻る