ホーム > 任意売却物語 > 親族間売買のやり方

親族間売買のやり方

住宅ローンの支払いが困難になり、売却を余儀なくされたとしても、その物件を買い戻すことができれば、引っ越さずに引き続き住むことができます。ただし、ご自身の名義で買うことなどできませんから、実際には親子、兄弟、親戚などの身内の方に買っていただくかたちをとります。これを「親族間売買」と言います。

たとえば、ローンの残債が2000万円あるが、売却価格はせいぜい800万円にしかならない、としましょう。「1200万円も残るのか・・・」とがっかりされる方が多いのですが、違う見方をすれば、これはとてもチャンスなのです。800万円のお金を準備することができれば、買い戻すことができるからです。

任意売却後は、そのお金を用立てていただいた人に家賃として支払いをします。当然きちんとその支払いをしなければなりませんので、金融機関の残債務への多額の返済は困難です。話し合いによって少額返済を認めていただきましょう。

実現できればとても好都合な親族間売買ですが、問題は買い取るその800万円のお金が用意できるかどうか、です。親族間売買では、銀行の住宅ローンが使えない場合が多いので、ご希望の方は個別にご相談ください。

無料相談電話:0120-961-881






ホーム > 任意売却物語 > 親族間売買のやり方

ページの上部に戻る