ホーム > 任意売却 Q&A > 持ち家があっても生活保護は受給できる

持ち家があっても生活保護は受給できる

生活保護を受給している人は、生活保護費で借金(ローン)の返済を行ってはいけません。これは住宅ローンに限らず、カードローンなどの借金にも当てはまります。もしそのようなことが認められるのであれば、生活保護を必要としている人から金貸しがお金を巻き上げることになってしまうからです。そのことから、持ち家がある方の場合は、その物件の売却と自己破産の手続きをとることを強く勧められます。

このことをとらえて「持ち家があると、生活保護が受けられない」と機械的に解釈している方が少なからずいらっしゃいます。しかし、そんなことはありません。生活保護は、あくまで生活の実態が問題であって、持ち家の有無などの形式的な基準で足切りすることはできません。

ローンの返済をすることに問題があるのですから、任意売却の手続きに入り、現に住宅ローンの返済が行われておらず、住居を失うことが予定されているのであれば、生活保護申請を拒否する理由はありません。それらを証明する書類を準備したうえで、生活保護の申請を行うとよいでしょう。

無料相談電話:0120-961-881






ホーム > 任意売却 Q&A > 持ち家があっても生活保護は受給できる

ページの上部に戻る