ホーム > 任意売却物語 > 借金せずにいられない人

借金せずにいられない人

任意売却を行った場合、最大のデメリットは信用情報に「代位弁済」あるいは「保証履行」という情報が記載されることでしょう。いわゆる「ブラックリスト」です。

その記録がある以上、一般の金融機関で新たにローン契約を結ぶことなどはできませんが、そのことにたいする受け止め方は人によって大きく異なります。中には、お金が借りられなくなることを恐れて、無理な返済を継続しようと考える方もいらっしゃいます。しかし、それは本末転倒と言えるでしょう。無理な返済をやめ、返済に当てるはずのお金を貯蓄しておけば、将来お金を借りる必要はありません。

借りずにはいられないので借りる。借りられなくなると困るので返済する。借金依存症とも言えるこの状態は、金融機関にとっては実に都合のよい「お客様」です。

見通しが立たなくなったら、いたずらに問題を先送りせずに、いち早く見極めて、どうするかを決めることが肝心です。

無料相談電話:0120-961-881






ホーム > 任意売却物語 > 借金せずにいられない人

ページの上部に戻る