ホーム > 任意売却物語 > やみくもな繰上返済をしてはいけない

やみくもな繰上返済をしてはいけない

先日、任意売却についてご相談いただいた方は、築年数が浅いわりに残債務が非常に少ないので、その理由をお尋ねしたところ、今までずっと貯金を繰上返済に当ててこられたそうです。それでも、任意売却後に債務がなおも残るようで、ほんとうに厳しい状況ですが、今までのやり方に問題はなかったでしょうか。

たとえば、以下のようなケースを想定してみましょう。

Aさんは、3000万円の住宅ローンを組み、現在の残債が2500万円で、貯金が300万円ほどあります。

Bさんは、やはり3000万円の住宅ローンを組み、今までに1000万円の繰上返済をしたので、現在の残債は1400万円です。早めに繰り上げたおかげで、100万円節約することができました。しかし、貯金はありません。

このお二人が失業して返済不能になりました。任意売却した場合の売買見込額は、ともに1000万円です。その場合、任意売却後の生活にどう違いが出てくるでしょうか。

Aさんは、300万円の貯金を有効に活用すれば、転居に困ることもなく、任意売却をスムーズに行うことができ、生活再建を容易に果たすことができるでしょう。

しかし、Bさんは、残債額が少なくても貯金がないため、身動きが取りづらい状態です。転居先の敷金、礼金、引越し代を用意するだけでも苦労しそうです。爪に火を灯すような生活を強いられるでしょう。

任意売却後の残債務は、交渉によっては減免が認められる場合もありますので、残債務が1500万円であろうが400万円であろうがあまり違いはないというのが現実の感覚です。ほんのわずかな金利に気を取られるのではなく、一定の貯蓄は確保しておくべきです。やみくもな繰上返済を行うことは、たいへん危険です。

無料相談電話:0120-961-881






ホーム > 任意売却物語 > やみくもな繰上返済をしてはいけない

ページの上部に戻る