ホーム > 任意売却物語 > 税滞納による不動産の差し押さえ

税滞納による不動産の差し押さえ

税金の滞納のため、自宅の差し押さえ通知があったという方からご相談がありました。ずいぶんあわてられているので、よく話を伺ってみると、今日や明日にも家を取り上げられて、つまみ出されるかのように勘違いされていたようです。

多くの場合、税金の滞納による不動産の差し押さえは、登記事項にその事実が記載されるだけで、実生活には支障はありません。差し押さえの登記が行われていると、それを解除しないことにはその物件を処分することができないため、不動産の「売り逃げ」を防止するための措置です。

税滞納が増えれば増えるほど、任意売却がより困難になります。税金が払えていないのに、不動産を所有している意味はほとんどありません。今は大丈夫でも、いつかは取り上げられてしまう運命にあるからです。早く行動を起こしたほうが、精神的にずっと豊かになれます。

無料相談電話:0120-961-881






ホーム > 任意売却物語 > 税滞納による不動産の差し押さえ

ページの上部に戻る