ホーム > タグ > 不動産投資

不動産投資

ワンルームマンションの任意売却

任意売却のご相談では、ご自身がお住まいになっている住宅ローンについてのご相談が多数を占めますが、ワンルームマンションのオーナーの方のご相談も少なくありません。

ワンルームマンションは、主に節税対策として購入したため、もともと家賃収入よりローン返済のほうが多いケースが多く、さらに物件が古くなるとともに家賃を値下げしないと入居者が確保できなくなり、ますます逆ざやが大きくなっていきます。そのうえ、賃借人が退去した後に何ヶ月も空室の期間ができ、その間はローン返済がまるまる持ち出しになってしまい、ますますたいへんです。

収益物件を保有するということは、文字通り収益を上げるために不動産事業を営んでいるわけで、ずっと赤字になっていては意味がありません。今後の見通しを立てて改善の見込みがなければ、その事業からはいち早く撤退、すなわちそのような物件は任意売却すべきです。

このことは、どのような事業を営むにあたっても同じことが言えることですが、その決断がなかなかできない方が非常に多いように感じられます。ワンルームマンションを所有している方は、比較的本業で高額所得を得ている方が多く、失うものがほとんどない方より、かえって多くの迷いが生じるのでしょう。しかし、決断が遅れれば遅れるほど、失うものがますます大きくなっていってしまいます。

無料相談電話:0120-961-881





  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

赤字の収益物件は迷わず任意売却

任意売却のご相談は、ご自身がお住まいの住宅ローンだけでなく、投資用収益物件のアパートローンの場合もよくあります。特に、ワンルームマンションを複数戸を持っていて、そのうちの一部が空家になっていて、ローン全体を賄うだけの家賃が入ってこないというケースが多くなっています。

また、賃借人がすべて入居していて、家賃の入金があるにもかかわらず、返済と経費が賃料を上回っているために、他の収入から赤字分を補填し続けているケースすらあります。

物件が古くなるにつれ、賃料の値下げ圧力が強まってきますので、現状でさえ赤字では、今後その赤字が膨らんでいくことが予想され、このまま放置しておくと、蟻地獄に囚われたようにズルズルと沈んでいってしまいます。

不動産投資に限らず、どのような事業であっても、現に赤字で、今後も改善の見通しが立たないのであれば、事業を継続する意味がありません。というより、そのような事業を継続してはなりません。

収益物件の所有者は、投資家であり、経営者でもあります。その自覚を持って、経営者としての理性的な判断を下し、直ちに撤退を開始するべきです。そして、その最適な方法が任意売却です。

無料相談電話:0120-961-881





  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > タグ > 不動産投資

ページの上部に戻る